中井精也 鉄道写真展に行ってきた

2018.06.21 Thursday 04:49
0

     笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド と題された中井精也 鉄道写真展に行ってきました。

    (川崎市市民ミュージアム、4.7 〜 6.24 一般 600円 )

     鉄道写真家として中井精也さんは有名なのだけど、自分の場合には NHK BSの「中井精也のてつたび」という番組で、鉄道旅と鉄道写真のすばらしさを教えていただいた影の恩師?に近い存在です。

     

     

     

     普通、2次元のものを撮影してしまうと、それに近いコピーはつくれちゃうんだけど、基本的に館内はすべて撮影OKです。太っ腹です。(失礼ながら本当に太いんだけど)

     

     

     

     

     桜シリーズに始まる作品はどれもが美しく、そして色彩豊かです。

     

     

     こちらは氏の作品の中でも、自分の最も好きなものの一つ。

     写真1枚1枚がポジティブ&アクティブ、風景の一瞬を切り取るすごさ。

     

     

     

    「二人の唇の離れるのを待って、車掌はやさしく発車の笛を吹いた」

    パネルの間にときおり身近なコメントが記されているのだけど、それがまた心を打ちます。

     

     

     

     そして優しい。

     

     

     

     三陸鉄道運行再開までの3年間を追ったコーナーもあります。

     こちらも感動的。

     

     

     

    いやあ、すごかった。行ってよかった。

    これだけ感動した写真展は初めてです。

    会期はあとほんのわずかしかないけど、行ってみてください、おすすめです。

    (メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にはもう少し詳細な記事をのせるつもりで準備しています。)

     

     

    JUGEMテーマ:鉄道旅行

    category:event | by:moocomments(0) | -

    ドールワールドフェスティバルに行ってきた

    2018.06.18 Monday 05:29
    0

       昨日、ドールワールドフェスティバルとAKガーデンを見に浅草に行ってきました。なんかディーラーでなく、一般の入場者としてイベントに行くのは久しぶり。たくさん撮影したDOLL写真の一部をご紹介します。

       

      ちゃおDOLL様

       

      田崎準子様

       

      零時ねね様

       

      人形横丁様

       

       一時期、フエルトなんかのもふもふ系に押されていた感じがあったけど、スタンダードなビスクや粘土でできた創作系ドールを出品するディーラーさんが増えてきた感じがする。とは言っても、お人形がたくさん売れて、出店にかかった費用の元のとれている方は本当に少ないのが事実なんだろうけど。やっぱり素敵なお人形をつくるだけでなく、どういうふうにPRしてゆくかが全体としての課題なんだろうな。

       あと気づいたのは大きなお人形の出品が少なくなっていること、現在は40cm以下がほとんどで、以前スタンダードだった50cmを超えるサイズは数えるほどです。これはやっぱり創作人形だけでなく、全体的な流れなのかな。

       今回はディーラーでなく一般参加だったので、ほんとうにゆっくりと見て回ることができました。おかげでいつもお目にかかる方だけでなく、新しく拝見する方ともいろいろとお話をさせていただき、とてもお勉強になりました。

       

       ついでといっては何ですが、上の階で開催されているAKガーデンもちょっとだけ見学です。

       

      ちびちび問屋様

       

       昨今の小スケールDOLLの人気はすさまじく、そのイベントの代表的なものがこちらのAKガーデンです。以前は半フロアぐらいのつつましい開催だったと思いますが、今は2フロアにものすごい数の入場者です。

       1:12スケールというと、従来からあった figma やピコニーモシリーズに加え、コトブキヤのフレーム・アームス・ガールで火がついて、さらにこれに類するたくさんの可動フィギュアが今も発売されています。間違いなく今いちばん熱いカテゴリーでしょう。

       素体そのもののほかに、お洋服や交換パーツ、それに加えて家具、ジオラマセットなどもうさまざまなものが出品されていました。でまたそれがものすごく売れているみたい。オープンから2時間経過しても列ができているブースがいくつもあります。ワンダーフェスティバルの小スケール部門がそのままやってきたような感じだね。

       なかにはデスクトップアーミーとか60mmサイズの可動フィギュアなんかもあって、この先1:24ぐらいまで小スケール化はすすむかもしれません。ここまで行くと同じスケールのプラモは以前からあるので、またまた世界が広がると思います。1:24の戦車に可動フィギュアのガルパンガールが乗っかるっていうと、買う人は多いだろうなあ。きっともう誰かが始めていると思いますが・・・。

       

       

       隅田川に出て浅草駅に向かいます。いろいろ見て考えさせられる1日ではありました。画像の整理をして、ちゃんとしたイベントリポートとしてメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に詳細はUPしたいと思います。

       個展の方も着々と準備をすすめています。この娘も調整が済んだので1:6のジオラマに登場します。

       

       

       

       

       

       

      category:event | by:moocomments(0) | -

      ikumi 2

      2018.06.16 Saturday 02:50
      0

         前回に引き続き、ikumi の画像をUPしました。オリジナルヘッドに TBLeague ボディを組み合わせています。

         

         

         

         

         こちらの DOLLはいわゆるリアル系なんだけど、自分のつくる1:6 ヘッドは完全にリアルじゃないんですよね。どういうことかというと、たとえばこのDOLLのレジンアイは手作りで、瞳の直径が3.5mmぐらいあるのですが、実際のスケールだと21mmにもなってしまい、実は普通の人間の2倍ぐらいのサイズです。瞼の厚さは1mmぐらいだけど、現実には瞼の厚さが6mmもあるような人はいません。もし 1:6 スケールでリアルにつくるならば、入れ目タイプでは無理で、睫毛なしの描き目で表現しなければなりません。

         最近はリアル系のドールって現実に近づけるってことでなく、いかにリアルなものに(こういうことってあるなって感覚的なものですが)見せるかみせるかという、表現方法のひとつなんだなって思うようになりました。

         写実絵画ってカテゴリーがあって今世界で人気があるのだけれど、本当にリアルかっていうと、やっぱり作家が思うベストなシーンがきっちりとそこに描き込まれている。もし本当の意味で100%同じものを再現するのがベストなら写真を撮れば済むことです。きっとそれと同じです。

         メインサイト瞳に四角い鰯雲では、ikumi の大きな画像を多めにUPしておきます。

         

        JUGEMテーマ:ドール

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        ikumi

        2018.06.14 Thursday 17:00
        0

           

           ここのところ個展に出品にするつもりで、いくつかのDOLLに手を加えているのですが、やっと1つ満足のゆくものができました。

           

           

           

           

           こちらは3年ほど前にTBLeague用につくったオリジナルヘッドのリメイク版です。これまで大柄なボディゆえになかなか似合う服のなかったTBLeagueボディですが、7月にはオビツの1:6と同等サイズのボディが発売されるようで、こちらの方も楽しみにしています。

           あと関係はまったくないですが、NHKの朝の連ドラ「半分、青い」いいですね。ぐんぐん引き込まれて最近はまってます。

           

          JUGEMテーマ:ドール

          category:doll | by:moocomments(0) | -

          非電化カフェ

          2018.06.12 Tuesday 05:21
          0

             昨日に続き、観光の中心地を少し離れたところを散策します。

             

             

             こちらは東北道那須SA(ETC出口あり)のすぐそばにある非電化カフェというお店です。オーナーは発明家の藤村靖之氏で、極力電気を使わず自然との調和を意識したつくりになっています。ここにはカフェのほかに発明品のショップや氏の工房などもあります。

             

             

             

             こちらのカフェは麦わらをおもな素材として、土を塗り固めてつくっているそうです。照明は天窓とわずかなろうそく、非電化なのでエアコンはもちろんなく、ラジオの音もありません。

             

             

             オーガニックな素材でつくったケーキセットをいただきました。とても素朴な味です。

             

             

             

             一部だけご紹介しましたが、ここはカフェというよりテーマパークみたいなものかもしれません。でもいろいろと難しいことは考えずに、静かなこの空間を楽しむだけでも良いように思います。

             

             

            JUGEMテーマ:国内小旅行

            category:trip | by:moocomments(0) | -

            Calender
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            鉄道旅行ランキング

            ジオラマランキング