時間の使い方

2018.10.10 Wednesday 06:17
0

     どこかで触れたんだけど、3年半前に思うところがあってそれまでの仕事をやめ、今はまあ1年更新の契約社員的な仕事をしている。おかげで給料はそれまでの1/4ぐらいに減ったけど、自由になる時間は2倍以上になった。 

     当初は創作関係でなんか当ててやろうみたいな、ちょっとした野心のようなものもあったけど、今のところその見通しはつきません。まあ、お金があっても時間がないより、お金がなくても時間がある方を選んだからしょうがないですけど。

     

     

    仕事を変えたら、いろいろ変わった。

     年間で数十万円かかるような趣味は完全にやめました。(というか限界を感じていたけど)

    旅行は車で行ける範囲だったり、日帰りのお散歩だったり、前日決定のものがほとんど。家族と一緒にいる時間も増えました。

     お酒も好きなんだけど、選ぶのは美味しいものから、安いんだけどお料理と一緒に飲んでそこそこなものに。画像にあるけど今のスタンダードは蜂角鷹(ハチクマ)というウイスキーと菊正宗の銀パックだったりする。

     当初、もし何かあったら暮らせなくなるかも、みたいな不安があったけど、今はないです。週に1回はプールに行って、休みの日は天気が良ければどこかで歩いている。そういったことをしながら色んなことを考える。だから少し健康になって、物事の本質を考える余裕もできたような気がします。

     将来、今の高校生や大学生あたりだと、70過ぎまでまで働かなきゃいけなくなるみたいだけど、だったら一方で1日6時間とか、週休3日とか、働く時間を減らすことを考えないと、結局何のために生きているのか分かんなくなっちゃうんじゃないでしょうか。

     

    JUGEMテーマ:ドール

    category:doll | by:moocomments(0) | -

    nanami

    2018.10.03 Wednesday 06:16
    0

        自由が丘の風景と球体関節人形 nanami の画像を合成してみました。

       

       

       

      nanami ( オリジナル球体関節人形 54cm 2013 )

       

       nanami は5年前にラドールプレミックスという粘土からつくったオリジナルの球体関節人形です。たまにあるのですが、何の苦労もなく、何かが天から降りてきたようにするするっと仕上がってしまいました。今見ても良くできてる。

       でもねー、このあたりからです。自分のつくる人形が手づくりだと気づいてもらえなくなったのは。

       ただ一方で、こんなふうに実際の風景に違和感なく置くことができるようになりました。(もちろん画像合成にはそれなりの知識と経験は必要ですが)

       来年の個展に向けてこんな作品をたくさんつくってゆきたいと思っています。(A3プリンターがほしい)

       大きな画像も近くメインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。

       

      JUGEMテーマ:ドール

      category:doll | by:moocomments(0) | -

      asumi のリメイク 1 またたくさん修正します

      2018.09.19 Wednesday 04:48
      0

         もうかれこれ30体以上の球体関節人形をつくり、その倍以上のリメイクをおこなってきましたが、次に手を加えようと思うのは10年前につくった asumi という作品です。

         

         

         

         初期につくった作品としては、今見ても良くできてるなと思っています。けっこうな時間をかけて仕上げたからね。

         もちろんこの娘が完成した時点では、それまでのベストな仕上がりだったわけですが、10年もすれば自分自身の腕も上達したし、それなりの知識と経験も得たわけで、今だったらもっと良くなるはずです。

         

         

         そこでコンセプトはそのままに、細部を見直してより完成度の高い作品に仕上げようと思います。具体的には瞼の厚みの修正、関節の形状の修正、マグネット機能の追加、表面コーティングの変更、その他もろもろ・・・。完成から10年も過ぎた作品になると、さすがに手を加えたくなる部分は多いです。

         

         

         

         でもそれがけっこう楽しい。なぜかっていうとそれだけ自分が上達したのと、DOLLを見る目がより正確になってきたんだと認識できるから。(リメイクする必要を感じないなら、それはそのDOLLをつくったときから、自分の腕が上達してないか、DOLLを見る目が向上してないてこと。)

         あともう一つ、昔のDOLLをリメイクしていると技術的な部分だけでなく、DOLLに対する見方や考え方などを含め、もう一度過去の現場を再現しているような感覚に陥ることがあります。

         ヒトは母親の胎内で一個の受精卵から始まり、魚類、両生類、爬虫類へと、いわば進化の過程を繰り返しながら誕生してくるそうです。もしかしてリメイクの過程はDOLLの進化を再現するって行為なのかも? いやちょっと違うか?

         

         

        JUGEMテーマ:ドール

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        TBLeague2018-s24A & s26A 2 フットパーツの加工

        2018.09.06 Thursday 07:59
        0

           TBLeagueの新しいボディですが、全体に小さくなったのにフットパーツの大きさはそのままです。1:6 アクションフィギュアの履物はけっこうお高くて、軟質プラスチックのハイヒールでも1000円近くする。

           

           

           そこでこんな具合に予備のフットパーツを加工して、オビツやタカラの安い靴を履けるようにしました。

           

           

           

           足の指までは再現しなかったけど、バランスも悪くなく、このままいけそうです。

           ヘッドはいつもの娘(sayaka)から移したものですが、s26Aとは相性も良さそう。着ているものはバービー用のもので、これがぴったり。

           

           

           

           こちらのヘッド(nano)は、そのままだとちょっと浮いてしまう感じがあったので、全体的に見直ししました。アイを小さめにして、ピンクを濃くしました。水着は手づくりです。

           このほかいろいろと試してみましたが、バービー用の服はかなりの確率で着せられますが、ジェニーやmomokoだと入らないものも多いです。具体的には上半身では胸がきつい、下半身では太腿が入らないというところです。(パンツスタイルを避けて胸に余裕があるものなら大丈夫)

           このあたりのことはメインサイト瞳に四角い鰯雲にて、整理した内容を近々UPしたいと思っています。

           あとドールワールドリミテッドではs26Aにも対応できるよう、再調整したヘッドを持ち込みたいと考えています。

           

           今朝起こった北海道の地震では大きな被害が出ているようすね。苫小牧にお世話になった方がいて気になります。

          (メール送ったけど、まだ返事がない・・・。)

           

           

          JUGEMテーマ:ドール

          category:doll | by:moocomments(0) | -

          TBLeague2018-s24A & s26A 1 s22Aとの違い

          2018.09.03 Monday 05:12
          0

             以前にちょこっと報告したTBLeagueの新しいボディについてのレポートです。

             

             

             まずは基本的な商品の構成は、これまでの製品と同じと言って良いでしょう。手足の予備パーツ、可動の範囲、材質、すべて同等です。(ただ小さくはなったけど、amazonではお値段は今のところやや高め。)

             今回購入したのはs24Aとs26Aですが、この偶数番号はペール系、s25Aとs27Aの奇数番号はサンタン系で、色違いの同等品というのもこれまでどおりです。

             

             

             

             左からs22A、s24A、s26Aの順に並んでいます。s24Aはs22Aをやや小ぶりにした感じですが、ボディラインそのものはよく似ています。s26Aは更に小さいだけでなく、スリムで胴が短く足長であることがこれまでと全く違うところです。

             

             

             

             フットパーツは3種類とも同じ。だからs24A、s26Aにもお値段高めのブーツを履かせなきゃいけない・・・。

             

             

             

             s24A、s26Aのハンドパーツはやや小さめにできています。

             

             

             

             問題は首のジョイントでs24A、s26Aは一回り小さくなってます。だから市販されているアクションフギュア用の一般的なヘッドを取り付けようとしてもうまくはまりません。

             

             

             

             試しにs24AにKT005を取り付けてみました。(右側) ごらんのとおりs22A(左側)と比較してもバランスは悪くないです。(自分はむしろこちらの方が合っているとも思う)

             だからs24Aについては、多少の加工は必要だけどアクションフィギュア用の一般的なヘッドとの組み合わせは検討しても良いかもしれません。

             s26Aについては、やはり小さすぎてバランスが悪いし、首が短く感じて全くダメでした。

             

             

             

             ではそもそもS24Aとs26Aはどのようなヘッドとの組み合わせを想定しているのか、一般的なアクションフィギュア用のヘッドでないことは明らかです。

             あちこちからヘッドを引っ張り出してきて取り付けてみましたが、やはりオビツの植毛ヘッドがいちばん似合います。ホールの大きさも計ったようにぴったり。(多分計ったのだと思います)

             オビツの植毛ヘッドにペイント&メイクを施す方は多いし、それを販売する方もいる。今回のTBLeagueの新製品はそのマーケットを埋めるものとして開発されたのだと思います。

             ほかにもちょっとチャレンジしてますので、近日中に追記します。

             

            PS. この記事の詳細をメインサイト瞳に四角い鰯雲にUPしておきました。

             

             

            JUGEMテーマ:ドール

            category:doll | by:moocomments(0) | -


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            鉄道旅行ランキング

            ジオラマランキング