夏は冷たい麺がいいね  野菜ジュース素麺 ニラ・ダイコン蕎麦 ソースカツ丼

2020.06.02 Tuesday 10:16
0

     だんだん暑くなってきて、冷たい麺類が美味しい季節になってきた。ラーメンやパスタはよくつくるけど、麺類は全般的にみんな好きです。

     問題はあっさりしすぎて栄養価が下がりがちになってしまうことかな? ということで最近つくったもののなかから、完成度の高いものをご紹介します。

     

     

     こちらはつけ汁を工夫したお素麺です。そばつゆ(辛めのものが良い)50mlにカゴメの野菜ジュース100mlを加え、半熟の卵をおとしました。卵の加熱加減は電子レンジで200W2分10秒といったところです。

     これだったら栄養バランスも良いと思います。変化をつけるならここにチューブ入りの練り梅を入れても良いと思います。

     

     

     

     ダイエットも考えるなら、こんなお蕎麦も良いと思います。お蕎麦は普通にゆで、上げる30秒ほど前に適当な長さに切ったニラを

    加えます。お蕎麦とニラを冷水で冷ましたら、ここにスライサーで細く刻んだダイコンを加えて盛り付ける。ダイコンはお蕎麦の半分ぐらい入れると食感が良いです。

     

     

     

     これは麺類じゃないけど、一時期はまったソースカツ丼のタレがやっと定まった。

     いろいろやってみてウスターソース2、お醤油2、赤ワイン2、白だし1ぐらいのバランスが自分的にはいちばんバランスが良かった。これを小さな器にとり、電子レンジで適宜加熱すればソースは完成。カツはもちろんですが、アジフライなんかとの相性も良いです。

     

     このブログは最初お人形やジオラマ関係のブログだったんだけど(今でもメインはそのつもり)、いろいろやっているうちにだんだん読者の方が増えてきた。それはそれで嬉しいんだけど、アクセスの多い日はお人形ネタをUPした日じゃなくって、こういったお料理ネタや新型コロナに対してつぶやいた日だったりする。メインのネタの方ももっと頑張んなきゃいけないなって思ってます。

     

     

    JUGEMテーマ:料理

    category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

    簡単パスタ 3 白エビ ホタテバター

    2020.05.27 Wednesday 06:11
    0

       久しぶりのパスタネタですが、話は最近あちこちのスーパーでみかけるようになった外国産の白エビからです。

       

       

       白エビは「富山港の宝石」とも呼ばれる大きさ6〜8cmぐらいの深海のエビですが、同じ種類のものがタイワンあたりに住んでいて、これが比較的安価に輸入されるようになった。でもこちらは大きさがやや小ぶりで、本家のように殻をむいてお刺身にするみたいなことには向きません。

       でどうするかというと素揚げがいちばん、とても甘みがあって美味しい。味付けどころか塩を振ることさえも不要です。

       

       

       我が家ではわざと少量のオリーブオイルで少しずつ揚げてこれをいただきます。少量の油にする理由は、翌朝のパスタにこれをソースとして利用するためです。ニンニク少々と唐辛子1本を加えて湯がいたパスタと絡めれば、エビ風味のペペロンチーノができあがる。画像ではいろどりにブロッコリーと小エビ入りのふりかけを加えています。白エビから良い出汁が出ています。

       

       

       

       ソースを翌日のパスタで再利用するというのは我が家ではよくやります。(朝食がパスタになることは多い)
       ある晩の食卓、メインはブリカマの塩焼きとホタテのバター醤油です。ホタテのバター醤油は、ホタテの両面をまずはさっと焼き、そのあと酒をふって蒸し焼きにする。そして最後にバター、醤油、胡椒を絡めれば完成という定番料理です。

       

       

       バター醤油のソースはそのままとっておいて、ペペロンチーノの仕上げの最後に加えてあげる。今回は湯がいたキャベツと冷凍の小さなホタテを加えています。バターとお醤油の組み合わせって、やはり最強の調理方法の1つだと思う。

       

       

      JUGEMテーマ:料理

      category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

      トリプルスープのラーメンを簡単につくる方法 その7 冷やしラーメン キムチ風味 豆乳味噌など

      2020.05.20 Wednesday 11:41
      0

         以前にお伝えした簡単にトリプルスープのラーメンをつくる方法の続編です。

         まずはこのラーメンスープの作り方のおさらいですが、YOUKI食品のガラスープ、久原の白だし、CookDoの香味ペーストをそれぞれ小さじ1杯ずつぐらい混ぜて400mlのお湯で溶く。(1人分) あとはチューブに入ったニンニクとショウガを少々、たったこれだけ。

         白だしにはカツオ、アゴ、サバなどの節系のダシ、香味ペーストには肉系のエキスのほかに野菜エキス、そして香味油と、これだけでラーメンスープに必要な素材が十二分に入っています。あとはたとえばここに良質な塩を適量を加え、生ラーメンを茹で上げれば立派な塩ラーメンが完成というわけです。

         

         

         最近ではスープにフランス産の海塩を加えたものがなかなか良かった。けっこうあっさりとした上品なスープなので、ゆずの皮とか少量のお酢とか、そういったアクセントを加えてやると風味が増します。

         

         

         

         あっさり系のスープなので冷たいラーメンでもいけます。

         今回はこれをキムチ風味で仕上げてみました。味付けは基本的には塩、そこにチューブ入りの練り梅を少量加えています。あとはざく切りにしたトマトとキムチを混ぜて乗せるだけ。食欲が出ます、夏向きの味です。

         冷たいラーメンに仕上げる場合の注意としては、スープを冷やすとCookDoの香味ペーストに含まれる脂肪分が固まってしまうので、もしもっと美味しく仕上げるつもりならこれを取り除き、あらためてネギ油やエビ油、鳥油などの香味油を好みで加えると良いと思います。

         

         

         

         これは真逆の発想です。味噌味で仕上げて豆乳を加えています。具はトマトの卵炒め、ネギたっぷりめが良いと思います。味はもちろん栄養価も高いです。

         ラーメンだけでもけっこう遊べます。おもしろいです。

         

         

        JUGEMテーマ:料理

        category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

        トリプルスープのラーメンを簡単につくる方法 その6 冷やしラーメン アサリ出汁 あとちょっとだけPCR検査

        2020.05.05 Tuesday 05:52
        0

           以前にお伝えした簡単にトリプルスープのラーメンをつくる方法の続編です。

           まずはこのラーメンスープの作り方のおさらいですが、YOUKI食品のガラスープ、久原の白だし、CookDoの香味ペーストをそれぞれ小さじ1杯ずつぐらい混ぜて400mlのお湯で溶く。(1人分) あとはチューブに入ったニンニクとショウガを少々、たったこれだけ。

           白だしにはカツオ、アゴ、サバなどの節系のダシ、香味ペーストには肉系のエキスのほかに野菜エキス、そして香味油と、これだけでラーメンスープに必要な素材が十二分に入っています。あとはたとえばここにアンデスの岩塩を適当な分量を入れ、生ラーメンを茹で上げれば立派な塩ラーメンが完成というわけです。

           

           

           最近急に熱くなってきたので、今回はこれを冷やしラーメンにして仕上げてみました。

           スープの作り方は基本的に同じですが、あとで氷を入れて冷やすことを考えて、使用する水の量は氷の分だけ減らしておきます。味付けは今回はあっさりと天然塩のみ。(もちろん醤油でもOK)。スープが冷えたら、ここにチューブに入った練り梅を5cmぐらい加えます。あとはここにレモン汁を数滴。

           生麺は茹でた後にしっかりと冷水で洗います。具は特に制約はないですが、今回は正統派の冷やしラーメンとして仕上げ、最後にゆずの皮をぱらぱらと振りかけてみました。

           梅と柑橘系の酸味と風味がきいて実に爽やかな味、最近つくったラーメンのなかでは最高の出来だと思いました。この夏向きのラーメンはおすすめです。

           

           

           

           こちらはある日つくった晩御飯です。上2つの料理はお野菜とキノコをオーブンで焼き、バターと醤油で味付けしたもの(左上)、それからアサリの酒蒸し(右上)です。もちろんつくった料理は美味しくいただきますが、残ったソースはもったいないのでとっておき、次の日再利用します。

           

           

           例のレシピにこの2つのソースを加えれば、塩バター味のラーメンスープが出来上がります。これがまずいわけがない。

           ちなみにチャーシューは塩こうじにつけた豚バラ肉です。塩こうじを使うと加熱しても柔らかいままなので、薄切りにしてさっと焼くだけでチャーシューになります。

           

           あとは新型コロナに関して少々。

           緊急事態は5月31日まで延長されたけど、その後は指示や自粛要請なども徐々に緩和される流れみたいですね。経済活動再開のためだからという、その理由を否定するつもりはないけれど、やっぱり自分は危険すぎると思ってます。「事業再開したら感染者が見つかって翌日から再び休業」みたいなことがあちこちで起こって、下手すると3月の終わりぐらいの状況に戻っちゃうんじゃないのかな。

           緩和の方向なら、もっと幅広くPCR検査や抗体検査をやるべきだと思う。で見つかった感染者はあらためて隔離する。そのうえで事業再開するというのが正しい道です。特に飲食店や食品を扱うところは義務化しても良いのではないかと思います。

           日本でPCR検査を受けた人の割合はアメリカの1/10、先進国のなかでは最下位です。「民間の検査機関を使えば検査数は何倍にもなるけれど、そうすると感染者が今の10倍いることが分かって経済活動再開の方向に向かえなくなる」なんてこと聞いたことがあるけど、そういわれないためにもちゃんとやるべきでしょう。

           

           

          JUGEMテーマ:料理

          category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

          簡単パスタ 2 冷製 夏向きのパスタ トマトとお蕎麦を使います

          2020.05.01 Friday 05:21
          0

             こういう状況だから、自分も趣味に時間を費やして、お散歩して、食べて寝るって感じの毎日です。

             以前にもお伝えしましたが、料理をするときにはレシピなんかはほとんど見ない、想像力を働かせてオリジナルのものをどんどんつくっちゃうタイプです。

             

             ゴールデンウイーク中はけっこう暑いぐらいの日が続くようなので、今回は話題をがらっと変えて夏向きの美味しいパスタ料理を一つご紹介します。自分のオリジナル調理のなかでも傑作だと思っているものの一つです。

             パスタ料理といっても使うのはお蕎麦、別の言い方をすると冷たいかけそばをイタリア風にアレンジしたものです。トマトの酸味とわさびの風味がなんとも爽やかで、暑い時には特に食べたくなっちゃうお料理です。

             

             

             まずはオリーブオイル30ml にニンニク一かけ、唐辛子1/2を入れて極弱火で炒めます。ペペロンチーノつくるのと同じ要領です。

            (量は2人前です。レシピって読まないので良く分かんないけど、こんな感じの解説でいいのかな?)

             ニンニクが黄金色になったら火から下してフライパンごと水で冷やします。

             

             

             次にソースをつくります。まずはトマト中2個、バジルの葉10枚ほど(この2つは増量可)をざくざくと切ります。

             ポイントは何といってもトマトです。少々お高めでも、できるだけ味の濃いものを選んでください。もし酸味が欲しいなって思ったら少量のレモンを加えます。

             次にそばつゆ100mlに市販のチューブわさび10cmを加えて溶きます。

             そばつゆは市販のものでも良いのですが、甘みの濃いものは絶対にダメです。辛いものがお好きなら少量のお醤油を加えて下さい。

             わさびは「えっ!」って言うほど見かけは多いのですが、このあと加えるオリーブオイルが辛みをマスキングしてしまうので、このぐらい入れても全然大丈夫です。

             この2つと先ほどのつくったオリーブオイルをよく混ぜ合わせてソースは完成です。

             

             

             お蕎麦200gを茹でる際にはパスタと同様に塩を加えます。(3Lに対して30g) 茹で上がったらすぐに冷水で冷まして水を切ります。

             あとは先ほどのソースと軽く和え、最後に細く刻んだ海苔を振り掛ければ完成です。

             この料理を始めて作ったのはいつだったか忘れてしまったけど、美味しいトマトとバジルが安く手に入るような季節になると必ずつくっています。食べてみると最初はトマトの酸味、そばのうまみ、そして最後にわさびの辛みと風味がやってくる。爽やかでちょっと刺激的な感じが夏向きです。ぜひ試してみてね。

             ちなみに冷たいトマトソース自体は、白身魚やイカ、タコの上にかけてもいけます。これはワインに合います。

             

             

            JUGEMテーマ:料理

            category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

            Calender
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
              moo
            • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
              Kaihara
            • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
              moo
            • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
              isosi
            • ドールハウス 2 家具作りしています
              moo
            • ドールハウス 2 家具作りしています
              totochan(ととちゃん)
            • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
              moo
            • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
              totochan(ととちゃん
            • 秋桜
              moo
            • 秋桜
              マチャ
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            ジオラマランキング