那須に遅い春がやってきた

2018.04.27 Friday 06:19
0

     那須にある家は敷地だけはひろくて250坪もあります。だから草刈りがとても大変です。過去の経験から雪解け直後の草が芽吹いたあたりの草刈りがポイントだということが分かってきて、今年は3月からばりばりと頑張っています。

    (といっても、基本は放置に近い自然にまかせた庭づくりなんだけど)

     

     

     

     おかげで今年は植えたものや蒔いたもの、どこからか飛んできたものが4月になって一斉に花をつけはじめました。

     

     

     

     そして以前にギャラリーバーンで買った巣箱を目の前の樹にくくりつけました。今年もまた誰か入ってくれるといいな。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

    category:trip | by:moocomments(0) | -

    古殿の桜

    2018.04.24 Tuesday 08:21
    0

       先週末、福島県にある古殿町に行ってきました。そのいちばんの目的はお花見です。

       

       

       こちらは「越代のサクラ」と呼ばれる樹齢400年のヤマザクラです。遠方からも見学にやってくるという有名なサクラです。

       

       

       

       

       

       古殿にはほかにもたくさんのサクラがあって、しかもその種類も多いので長い期間サクラが楽しめるのが特徴です。さながら桜の里といっても良いですね。

       

       

       

       そのほか流鏑馬とかお酒あたりが古殿では有名なところ。古殿町の旅の記録は今週末にメインサイト瞳に四角い鰯雲にUPの予定です。

       

       

      JUGEMテーマ:国内小旅行

      category:trip | by:moocomments(0) | -

      廃線紀行

      2018.04.14 Saturday 10:09
      0

         飯田線の旅を終えたところで、今度はこんな本が目にとまりました。

         

         

         最近、特に地方では交通手段の変化や人口減少にともなって廃止路線が増えつつあるわけですが、そんなところに注目して特集を組んでいます。こちらの雑誌はいるも購入しているわけではないのですが、ピンポイントで興味関心を突いてくることがあって、思わず今回も購入してしまいました。

         

         

         もう一冊はこちら。大磯に行ったときに郷土資料館で入手したもの。(無料)明治時代から昭和にかけて、神奈川県中部の二宮・秦野間を結ぶ路線として営業を続けていた湘南軽便鉄道に関する冊子です。こういったものが記録として残されることは少ないので、とても貴重なのではないかと思います。

         駅やレールなどは残されていないようですが、今度天気の良い日にでもそのあとをたどってみようかと思います。

         

         

        JUGEMテーマ:鉄道旅行

        category:trip | by:moocomments(0) | -

        大磯に行ってきた

        2018.04.11 Wednesday 04:45
        0

           先週末は久しぶりに大磯でお散歩です。大磯というともともとは東海道の宿場町として発展した街ですが、それよりも明治以降は多くの政治家や財界人が居を構えた場所として有名かもしれません。

           

           

           こちらは旧吉田茂亭。広い池泉回遊式の日本庭園のなかの邸宅は相模湾が一望できるつくりになっています。

           

           

           

           国道1号線をはさんだところにある城山公園。城山というのは中世に小磯城というお城があったことに由来します。明治期に城跡は三井財閥本家の別荘地になり、戦後には県立公園として再整備されました。

           

           

           

           さすがに大財閥の別荘だね、山一つがそのまま庭になっています。

           資料館の裏庭にはいちめんのシャガの花。

           

           

           

           大磯駅付近でちょっと休憩です。

           ちょっと歩いたところに鴫立亭というケーキ屋さんがあるのですが、こちらで本格的な洋菓子をいただくことができます。古風な店内もとても良い感じです。

           

           

           

           

           こちらは鴫立庵。何でも日本三大俳諧道場の一つだそうで、敷地内には著名な方々の句碑がたくさんあります。自分の場合にはあまりその世界に馴染みはないのですが、江戸時代に創建され今もそのまま使われているというのがすごいですね。

           ほかにも見どころの多い大磯ですが、総じて文化レベルの高さに関心するお散歩旅でした。

           

          JUGEMテーマ:国内小旅行

          category:trip | by:moocomments(0) | -

          飯田線の旅

          2018.04.05 Thursday 03:23
          0

             飯田に宿泊した翌日は秘境路線として有名な飯田線の旅です。JR東海もそれを知っていて、秘境駅を巡る秘境号という急行列車を走らせたりしています。(今年は4月5日から15日の週末に運転) こちらの列車は秘境といわれる駅に10分から20分程度停車しながら豊橋・飯田間を往復するもので、けっこうな人気のようです。

             そもそも秘境駅って何かというと、その明確な定義みたいなものはないようですが、人が住んでいなかったり、とても不便なところにあったりして、そもそもそこになぜ駅が存在しているのかが分からないようなものを言うようです。

             自分の場合にはそれほど気合の入った鉄道ファンではないので、飯田に来たから飯田線みたいな軽いノリで秘境駅を巡る旅を始めてしまいました。当初の予定は金野駅から小和田駅の往復です。

             

             

             ここは何処を通っているかというと金野駅に向かっているわけで、県道から外れて谷底に向かって走っています。道はだんだん細くなり軽自動車がやっと通れるほど、もしも対向車があったら延々と何百mもバックしなきゃいけません。対向車を気にしつつ、落石をよけながら恐る恐る進みます。

             

             

             

             谷底に金野駅はありました。そこにいたのはもちろん自分たちだけです。民家はまわりにありません。駐輪場がありますがそこに停められてる自転車やバイクもないです。

             ここで問題発生、何かというと予定していた電車が止まらない!

             これはどういうことかというと自分の持っている時刻表は簡便なもので(軽い方が良いと思った)、それが故にその時刻表には金野駅のような小さな駅は省略されている。ということで始発となる天竜峡の出発時刻は分かるのですが、どうもこの金野駅は各駅停車ですら通過してしまうことがあるみたいなんです。

             

             

             

             ということで、たまたまやってきた逆方面の電車に乗りました。(天竜峡行き)

             天竜峡では2時間近く時間があったので周辺を散策して豊橋方面の電車に乗り金野駅まで戻りました。そのまま小和田駅まで行くという選択肢もあったのですが、目的の飯田線には乗ったし、日中は本数も少ないし、さらには時刻表もあてにならないので、あとは行けそうなところに車でアプローチすることにします。

             

             

             

             ここは何処に向かっているかというと、3つ先の田本駅です。県道から400mほど谷を下ったところに駅はあるみたいです。道にかぶさるササをかき分けながら進みます。到底、駅に向かっているような感じじゃないです。

             この駅は存在感が薄いらしく、地元の方に「田本駅はどこですか?」と尋ねたら、「この県道をすすむと着くよ。」と言われて行ってみたら、お隣の温田駅でした。

             県道沿いこの道の入り口はあるのですが、探し出すのに1時間近くかかりました。(10cm×30cmぐらいの木製の小さな案内表示のみ、しかも田本駅の文字はかすれている)

             

             

             

             歩いて20分、高低差200mぐらいの崖の中腹に田本駅はあります。がしかし視界を遮られているので絶景というわけではないです。それがちょっと残念。

             自分たちが行ったら、保線作業をされている方が一人ホームで電車を待っていました。ここって利用する人いないんじゃないかな? だってお隣の温田駅は県道沿いにあって、ここから2kmぐらいしか離れていないんだから。なんでこんな駅ができちゃったのかな? きっと秘境駅マニアしかやってこないような気がする。

             

             

             

             次は7つ先の小和田駅、秘境駅のなかでもランキング3位に位置付けられています。(その根拠は良く分かりません) 

             ただ道が通行止めだったり、悪路だったりで、なかなかアプローチができない。ちゃんと調べてくるべきでした。(だから秘境駅No.3なんだろうけど) 普通に飯田線で訪れるのが無難というのが結論です。

             こちらの小和田駅はもともとはちゃんとした集落が一帯にあったのですが、ダムが建設されてその集落が沈み、駅だけ残ってしまったということらしいです。

             

             

             

             結局、1つ手前の中井侍駅に戻り、対岸から列車の到着を撮影することで満足することにしました。

             でも何かこの風景いいですね。長野、静岡、愛知の3県の境界に近い山深い場所なのですが、ここにもちゃんとした人々の生活があって、そのパーツの一つとして鉄道が機能している感じがします。(小さくしか写っていませんが、右下の林に囲まれているのがJR中井侍駅)

             

             電車がやってきた!

             

             

             飯田線の秘境駅めぐりは、やっぱり飯田線でというのが普通かと思います。でもこういったアプローチもいろんなシーンを見ることができていいんじゃないかな? まあ効率はとても悪いんだけど・・・。次回は必ず小和田駅を制覇したいと思います。

             今回の旅の記録の詳細はメインサイト瞳に四角い鰯雲にて、今週末にUPの予定です。

             

             

            JUGEMテーマ:鉄道旅行

            JUGEMテーマ:国内小旅行

             

            category:trip | by:moocomments(0) | -