島田に行ってきた

2019.02.13 Wednesday 05:54
0

     旧東海道の宿場町である島田に行ってきました。島田って結構広くて、今回行った歴史エリアのほかにもお茶で有名な金谷地区や大井川鉄道の通る川根地区などがあります。

     

     

     JR島田駅から西に1kmちょっとのところに島田宿の古い街並みが再現されているところがあります。200mほどの通りには河越しの料金の徴収をしていた川会所、宿屋、茶屋などが立ち並んでいます。いつもじゃないみたいだけど、昔の服装で歩いている人がいて、何かちょっとしたテーマパークみたい。

     

     

     

     そのうちの何軒かは中を見学することもできます。

     我々は通りの真ん中にある茶屋で休憩、気さくなご主人でいろいろと近隣の情報収集などができます。

     

     

     

     このほかにも芭蕉の句碑とか、洪水から地域を守る堰やその上に植えられた桜、雰囲気のあるお稲荷さんとかがあって、ちょっとした映画撮影もできそうな感じです。(一帯は島田宿大井川川越遺跡として国指定史跡になっている)

     

     

     

     こちらは通りにある島田市博物館の分館です。(本館との共通券500円)

     地元静岡県出身の海野光弘氏の作品を多数見ることができます。日本の原風景を描写した緻密な版画は大好きです。

     

     

     

     こちらは本館の方です。地元の刀鍛冶にまつわる特別展を開催中でした。あまり島田鍛冶のことは聞いたことはなかったけど、戦国時代の初めからいわゆる美術品的なものでなく、実戦に用いられる実用的な刀剣類が造られ続けてきたということです。そういうわけで多数造られたのにもかかわらず、銘のあるものは極めて少ないそうです。

     

     

     

     博物館分館の裏にある小さな民族資料館にも入りました。こちらは明治以降の比較的新しいものを展示しています。懐かしいものがいっぱいで、ちょっとだけ長居してしまいました。

     

     

     

     大井川を少し下流に下ったところにある蓬莱橋です。世界で最も長い木の橋としてギネス認定されています。こちらはよく時代劇にも出てくるね。明治以降は徳川幕府の規制もなくなり、大井川にも橋が架けられるようになりました。

     

     そのたもとなぜか西郷隆盛の象がある・・・、なんでこんなところに?

     明治維新になって職を失った武士たちは、西郷の誘いに従ってこの大井川西岸の高台を開墾、また大井川を自由に往来することができるようになって職を失った川渡しの人足もそれに加わって、今あるような広大な茶畑がつくられたんだそうです。そしてこの蓬莱橋は作業のため対岸に渡るための手段として整備されたもの・・・。なるほど説明文を読んで納得です。

     今更だけど西郷隆盛って明治政府に対する反逆者、だから歴史上もっと冷遇されていてもおかしくないのに、これだけの評価を得ているのは、こういったところにもその理由があるんだろうね。

     

     もう少し詳細なレポートはメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -

    お散歩旅 相模原公園

    2019.02.04 Monday 04:57
    0

       お散歩旅「水道みち」の続きです。

       

       

       産廃処理施設の壁の向こうに見えていた塔なのですが、こちらは周辺の監視施設のようなものではなく、公園内にある高さ55mの展望塔でした。

       エレベーターでするするっと最上階に上ることができます。(入場無料というのはありがたい)

       

       

       

       その展望塔からの眺めです。曇っているのがちょっとおしいかな。

       水道みちはこの市立相模原麻溝公園と隣接する県立相模原公園のなかを抜けて更に北東方面に続きます。

       相模原は人口が増えている地域なのに、この周辺だけ少し開発が遅れている感じなのは日本軍や米軍の軍事施設がたくさんあったからだろうと推測します。またその未開発な敷地を利用して広大な公園もつくられました。

       

       

       

       こちらは建立相模原公園。まだ花の咲くような季節ではないのでこんな感じですが、きれいに整備されていて気持ちが良いです。あとずっと向こうに見えるメタセコイアの並木は一見の価値ありです。

       

       

       園内には「サカタのたね グリーンハウス」という大温室があって、こちらはちょっとした撮影スポットです。(入館100円)

       

       

       

       入館者もそれほど多くはないので、DOLL撮影には良い場所です。また今度、別の娘を連れてくることにします。

       

       このあと水道みちは相模線と交差するあたりで一般道になり地図上はっきりしなくなるので、今回のお散歩旅は相模線の原当麻駅で終了です。歩いた距離は5.0kmほど、ちょうどよい運動になりました。

       お散歩の詳細はまたメインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。

       

       

      JUGEMテーマ:国内小旅行

      category:trip | by:moocomments(0) | -

      お散歩旅 水道みち

      2019.02.01 Friday 05:59
      0

         お散歩はだいたい1回につき4kmから8km、歩いて1時間から2時間といったところ。(でも寄り道したり、わき道に入ったりして倍ぐらいの時間がかかっちゃうこともよくある)

         今回選んだのは小田急相模原駅から北西に伸びる「水道みち」です。このみちは相模川の上流から横浜の野毛山までの44kmをつなぐ日本で最初の水道が整備されたときにつくられたもので、このあたりでは幅10m、長さ3km以上のまっすぐな散歩道になっているそうです。ちょっとわくわくしながら小田急線に乗りました。

         

         

         小田急相模原駅から国立病院前までまっすぐ続く道はサウザンロードといって、けっこう活気のある商店街になっています。昔からあるお店からちょっとおしゃれなお店まで、いろんなお店があります。

         

         

         

         でやってきた「水道みち」。

         あれ? 思っていたのと違う。特に公園みたいにお花が植えられていたり、街路樹があったりするわけでなく、ただ延々と歩行者専用のまっすぐな道が続くだけ。まわりはよくある住宅街で、おしゃれなお店どころかコンビニもありません。

         それでもしばらく歩けば何かあるかと思ったのですが、状況は変わりません。はっきり言ってつまんない。

         3kmほど歩くと風景は住宅街から産業廃棄物を処理する工場群へ。今回のお散歩旅は完全に外しちゃったかな? 

         

         

         

         そう思いつつ更に歩くと何か異様な風景、産業廃棄物工場の外壁が延々と続きます。なんか昔ニュースで見たベルリンの壁みたい。落書きもいっぱい・・・。

         でもしばらく歩いていたら、その中心部では落書きの密度はさらに濃く洗練されていて、何かギャラリーみたいに思えてきた。

         

         

         

         

         落書きは明らかに迷惑行為だとは思いますが、周辺には「落書き禁止」とか「監視中」みたいな注意書きのようなものもないので、もしかしたら経営者も黙認しているのかもしれません。

         その辺の事情は良く分かりませんが、期待していたものがなくて、逆に思いがけないものを発見したお散歩旅でした。

         

         

        JUGEMテーマ:国内小旅行

        category:trip | by:moocomments(0) | -

        お散歩旅 薬師池公園

        2019.01.30 Wednesday 07:57
        0

           今日のお散歩旅は東京町田市の薬師池公園です。小田急線町田駅からバスで10分ほどのところにあります。

           

           

           こちらには名前の通り、天保年間に建立されたという野津田薬師堂と、戦国時代に水田用水として北条氏が開拓したという薬師池があります。

           真冬を除けば、その季節その季節でいろいろな草花が楽しめるところなのですが、梅林、蓮、ショウブなどが咲く季節には更に多くの人がここを訪れます。

           さすがにこの季節だと公園内はすいているかなと思ったのですが、大きなレンズをつけたカメラを持ち込んでいる人がたくさんいました。野鳥の集まる場所として有名みたいです。

           

           

           

           こちらは旧永井家、江戸時代に建てられた農家を移築したもの。(国の重要文化財)

           

           

           ふと足元を見たら、そこに春がありました。

           

           

          sayaka (オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 2018 27cm )

           

          JUGEMテーマ:国内小旅行

          category:trip | by:moocomments(0) | -

          お散歩旅 こんどは伊勢原

          2019.01.25 Friday 11:47
          0

             新年のお散歩旅第3弾。今度は神奈川県の伊勢原です。

             

             

             ここは丹沢大山国定公園の入口にあって春から秋はハイカーで賑わうところ、すでに江戸時代から観光地の一つに数えられるところでした。そういうこともあって小田急線の駅の近くには古い商店街があったりします。

             

             

             

             今回はその丹沢大山国定公園を望む駅の南側の丘陵地帯にやってきました。だいたいここまで駅から20分ぐらいかな?

             

             

             

             

             丘の上に白い教会があって風景にアクセントを加えています。実にフォトジェニックです。

             

             新年のお散歩旅はもう少し整理したうえで、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にもUPしておきます。高解像度の大きな画像を見たい方はぜひどうぞ。

             

             

            JUGEMテーマ:国内小旅行

            category:trip | by:moocomments(0) | -

            Calender
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            鉄道旅行ランキング

            ジオラマランキング