ドール&フィギュアの写真 3 センサーサイズは大きい方が良いです

2019.09.14 Saturday 13:01
0

     今回も nanami をモデルにして、ドール&フィギュアのためのカメラ選びの話です。

     

     

     

     こちらは CASIOのEXILIM ZR4100 というコンパクトカメラで撮影した写真です。(カメラ事業から撤退したカシオ最後のカメラ) コンパクトではありますが、ちゃんとしたカメラなのでちゃんと写ってます。

     ズーム位置は85mmほどです。この焦点距離はいわゆるポートレートでいちばんよく使われる位置です。

     

     

     こちらは Panasonic の GX8 に M.ZUIKO DIGITAL 12mm-50mm を組み合わせて撮影した写真です。ズーム位置は85mm、そのほかの撮影条件も同じですが比べると背景のぼけ具合が明らかに違います。

     人の場合も同じですが、背景がきっちりと写り込んでしまうと画像全体ががちゃがちゃした感じになって落ち着かない感じになることがよくあります。こんなときには背景をぼかして主役の存在を明確にします。

     

     それでこのぼけ具合なのですが、カメラとしてはセンサーサイズがポイントになってきます。カシオの方は1/1.7型、パナソニックの方は4/3型でセンサーの大きさ自体が5倍ぐらい違います。一般にはセンサーが大きいほどぼけやすいと言われ、カシオの方もスマホや格安のコンデジに比べればかなり大きい方なのですが、やっぱりこの5倍の差は大きい。

     ちなみにスマホの場合には、もうほとんどぼけが期待できないので、アプリ上で処理することも多いようです。でも自分から見ると何か不自然に感じてしまいます。

     

     

     

     次はGX8に 開放F値が1.8という明るい M.ZUIKO DIGITAL 42mm というレンズを組み合わせて撮影しました。ここまでくるともう完全に違う画になっちゃう。

     

     

     それではドール&フィギュアの撮影で、背景をぼかすためにはどのぐらいのセンサーサイズが必要かというと、1型というサイズ以上であれば良いかと思っています。世の中には高画質(高価格)のフルサイズってカメラもありますが、そこまでは必要ないと思います。ドール&フィギュアを撮影するときは、人を写すときよりずっと接近すると思います。そうすることでよりぼけやすくなります。

     更にレンズとの組み合わせまで含めて言うと、自分としては1型のセンサーでF2.8以上の明るいレンズ、マイクロフォーサーズやAPS-CならF3.5以上というのが一つの目安になるんじゃないかと思っています。具体的にはミラーレスのカメラなら名前の通ったメーカーのいちばん安いものでOK、コンデジなら1型センサー以上の中級機ということになります。性能的にはむしろどれだけ寄れるかというのがポイントかもしれません。背景をぼかすという意味では、どれだけ高画質を売りにしていても小さなセンサーのコンデジやスマホは厳しいと思います。

     

     

    JUGEMテーマ:写真撮影機材

    category:camera | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング